メニュー

さ行

重婚【じゅうこん】

配偶者のある者が重ねて婚姻をすることを、重婚といいます。ただ、婚姻には届出が必要であり、既に婚姻関係があれば、後の婚姻届けが認められることはありません。したがって重婚関係が発生してしまうのは、虚偽の離婚届が出された場合など、例外的な場合であるといえます。なお、重婚は、刑法上の罪に問われます。

ページ上部へ