メニュー

た行

抵当権消滅請求【ていとうけんしょうめつせいきゅう】

抵当権のついた不動産を取得した第三取得者が、一定の代価を抵当権者に提供して、抵当権の消滅を請求することができる制度を言います。
抵当権者が請求を受けた後、一定期間内に競売の申立てをしない等によって承諾が擬制された場合、又は、抵当権者が請求を承諾し、第三取得者がその金額を支払ったか、供託した場合には、抵当権が消滅します。

ページ上部へ