メニュー

さ行

時効の中断【じこうのちゅうだん】

時効の中断とは、時効の進行を途中で終了させ、ゼロに戻すことをいいます。時効の中断を行えば、またゼロから時効の進行が始まります。
具体的な時効中断の方法としては、訴訟を提起するなどの方法があります。例えば、金銭債権を行使しないまま長期間が経過すると、その間債権が消滅する方に時効が進行しますが、請求がなされるとこれが振り出しに戻ります。

ページ上部へ