メニュー

は行

複利【ふくり】

複利とは、弁済期が到来した利息を、債権者に現実に支払わず、元本に組み入れてこれについても利息を生じさせることを言います。
複利には、債務者が1年以上利息を遅延し、債権者が催告してもな支払わない場合に延滞利息を元本に組み入れることができる、という法定複利(民法405条)と、当事者の合意によって発生する約定複利とがあります。

ページ上部へ