メニュー

さ行

相続分の譲渡【そうぞくぶんのじょうと】

共同相続人が、遺産分割前に自らの相続を受ける地位を第三者に譲り渡すことを、相続分の譲渡と言います。
もっとも、相続について第三者を介入させることは他の共同相続人にとって避けたい場合もあることから、譲渡を受けた者が法定相続人以外の者である場合、他の共同相続人は、相続分の価額及び譲渡の費用を支払って、その地位を取り戻すことが出来ます。

ページ上部へ