メニュー

た行

同時死亡・同時死亡の推定【どうじしぼう・どうじしぼうのすいてい】

同時死亡の推定とは、複数の者が死亡し、その先後関係が不明である場合に、同時に死亡したものと推定することを言います(民法32条の2)。
同時に死亡したとされる者の間では、相続や遺贈の効力は生じませんので、例えば夫と子が先後不明で死亡した場合、両者は同時に死亡したものとされるので、夫の相続人は妻と、夫の両親ということになります。

ページ上部へ