メニュー

は行

法廷離婚事由【ほうていりこんじゆう】

法廷離婚事由とは、裁判で離婚を争うために必要とされている離婚原因のことです。
民法では、配偶者の不貞行為、悪意の遺棄、3年以上の生死不明、回復の見込みのない強度の精神病、その他婚姻を継続しがたい重大な事由、の5つが定められています。

ページ上部へ