要式行為【ようしきこうい】

要式行為とは、書面を作成したり、届出を出したりといった、法令に定める一定方式に従って行わなければ不成立又は無効とされる法律行為のことを言います。
具体例としては、遺言、婚姻、縁組、手形の振り出し、定款の作成、等があります。

弁護士法人 中部法律事務所 春日井事務所

所在地
〒486-0825 愛知県春日井市中央通1丁目66 ヤマノマエビル3階
アクセス
春日井駅前徒歩0.5分 北口ロータリー前

電話でのお問い合わせは(0568)56-2122まで

受付時間
平日9時~18時
(時間外・土曜相談対応)

相談フォームにてご予約

無料相談申込フォーム