連帯債務の相続【れんたいさいむのそうぞく】

被相続人が連帯債務を負担していた場合、相続人は自己の相続分の範囲で、残った連帯債務者と連帯して債務を負担することになります。
例えば、ABが400万円の連帯債務を負っており、Aが死亡し、Aに妻C、子DEがいた場合、相続分はそれぞれ、Cが2分の1、DEが各々4分の1ということになるので、Cは200万円の範囲で、DEは各々100万円の範囲で、Bと連帯債務を負担することになります。

弁護士法人 中部法律事務所 春日井事務所

所在地
〒486-0825 愛知県春日井市中央通1丁目66 ヤマノマエビル3階
アクセス
春日井駅前徒歩0.5分 北口ロータリー前

電話でのお問い合わせは(0568)56-2122まで

受付時間
平日9時~18時
(時間外・土曜相談対応)

相談フォームにてご予約

無料相談申込フォーム