誠実交渉義務【せいじつこうしょうぎむ】

労働組合との団体交渉においては、使用者が誠実にこれに対応する義務を負っており、当該義務を誠実交渉義務と言います。したがって、使用者は単に交渉に応じるだけでなく、回答、調査等を行わなければなりません。
もっとも、当該義務は合意に達することを求めるものではないため、十分な交渉が行われた後に交渉が決裂することは何ら問題ありません。

弁護士法人 中部法律事務所 春日井事務所

所在地
〒486-0825 愛知県春日井市中央通1丁目66 ヤマノマエビル3階
アクセス
春日井駅前徒歩0.5分 北口ロータリー前

電話でのお問い合わせは(0568)56-2122まで

受付時間
平日9時~18時
(時間外・土曜相談対応)

相談フォームにてご予約

無料相談申込フォーム