メニュー

あ行

一身専属権【いっしんせんぞくけん】

特定の権利主体に限り行使することの出来る権利の総称を、一身専属権と言います。権利を行使するにつき権利者の意思にかかる慰謝料請求権や、権利者の身分と不可分の関係にある扶養請求権などがこれにあたります。一身専属権であると、債権者代位権の対象とならない、相続の対象とならない、等の効果があります。

ページ上部へ