メニュー

か行

可分債務の相続【かぶんさいむのそうぞく】

分割して給付を実現することができる債務を、可分債務と言い、これを相続した場合、各相続人は、相続分として分割された範囲での債務を負担することになります。可分債務の例としては、共同相続した金銭債務や数人が共同で買った建物の代金債務などがあげられます。

ページ上部へ