メニュー

法律用語集

遺言(いごん・ゆいごん)

遺言とは、被相続人(亡くなった人)の死後の法律関係に関する意思表示をいいます。

 

死後の法律関係とは,財産の処分や承継等相続に関することなどをいいます。

遺言は,民法の定める一定の方式(遺言書を作成する普通の方式と,緊急時などの特別の方式があります)に従って行う必要があります(民法960条~1027条)。

また,遺言をするためには,年齢が15歳に達している必要があるほか(遺言能力。民法985条),意思能力も必要です。

遺言は,遺言者の死後,効力が生じます(民法985条)。

 

 

春日井駅前の弁護士・法律事務所,弁護士法人中部法律事務所春日井事務所では,遺言に関する質問・法律相談,無料相談,遺言書の作成のご依頼を受付しています。

ページ上部へ