メニュー

か行

回復見込みのない強度の精神病【かいふくみこみのないきょうどのせいしんびょう】

回復見込みのない強度の精神病は、民法上離婚原因の一つとして規定されています。
これにあたるかは、医師による精神鑑定がされているか、配偶者の病気が今まで長期間にわたり、今後も回復見込みが立たないでいるか、離婚請求する側が今まで誠意をもって介護療養監護してきたか、離婚後に病気の配偶者を監護療養したり援助などの生活保障ができているか、により判断されます。

ページ上部へ