メニュー

か行

建築協力金【けんちくきょうりょくきん】

主に、ビル・店舗等の業務用の建物の賃貸借において、建物の建築費用として当事者間で授受される金銭のことを指します。賃借人は、契約締結時あるいは予約時に、賃貸人が建設費用として運用する用に、建築協力金を支払います。

ページ上部へ