メニュー

は行

保存行為【ほぞんこうい】

管理行為の一種であり、財産の滅失・損壊を防ぎ、その現状を維持するための行為のことを言います。
家屋の修繕や、また、財産の全体としての価値を維持するため腐敗しやすい物を売却する行為等も、これにあたります。

ページ上部へ