メニュー

あ行

営業の許可【えいぎょうのきょか】

未成年者であっても、許された営業に関しては、成年者と同一の行為能力を有する、とされています。したがって、その営業の範囲であれば、未成年者であっても単独で法律行為をなすことができます。
ここでの営業とは、独立の事業のことを言い、他人に雇われてはたらくことは含まれないと解されています。

ページ上部へ