メニュー

さ行

罪刑法定主義【ざいけいほうていしゅぎ】

どのような行為が処罰されるか、および、その場合にどのような刑罰が加えられるかは、事前に法律で定められていなければならない、という原則のことを言います。憲法31条が、処罰手続きの適正の保障と、罪刑法定主義を保障したもの、と考えられています。

ページ上部へ