メニュー

さ行

債権譲渡【さいけんじょうと】

債権の同一性を維持したまま、契約により債権を移転させることを言います。したがって、債権の内容はそのままに、債権者のみが譲受人に変更することとなります。原則、自由に譲渡できるとされていますが、債権債務者当事者間で譲渡を禁止する特約が締結されていた場合には、債権譲渡は無効となります。もっとも、譲受人が、当該特約の存在を知らないことについて重大な過失がない場合には、債権譲渡は有効となります。

ページ上部へ