重複する訴え提起の禁止【ちょうふくするうったえていきのきんし】

訴訟が係属している時に、同じ訴えを提起することを重複する訴えと言いますが、民事訴訟ではこのような訴えは禁止されています(民事訴訟法142条)。訴訟が無駄になり経済に反すること、矛盾判決のでる恐れがあること、等が理由です。
また、刑事訴訟についても、同一事件について二重に起訴がなされた場合には、裁判所は公訴の一方を棄却しなければなりません。

弁護士法人 中部法律事務所 春日井事務所

所在地
〒486-0825 愛知県春日井市中央通1丁目66 ヤマノマエビル3階
アクセス
春日井駅前徒歩0.5分 北口ロータリー前

電話でのお問い合わせは(0568)56-2122まで

受付時間
平日9時~18時
(時間外・土曜相談対応)

相談フォームにてご予約

無料相談申込フォーム