メニュー

さ行

選定当事者【せんていとうじしゃ】

複数の者が共同の利益を有している時に、その中から選定し、全員のために訴訟の当事者となる者のことを言います。このように選定当事者を選ぶことで、訴訟を単純化することが可能です。
なお、判決の効力は選定当事者だけでなく、選定者各自に及びます。

ページ上部へ