メニュー

か行

過失【かしつ】

自己の行為から、損害・被害が発生することを認識できたにもかかわらず、不注意でそれを認識しないことを言います。「故意」が、完全に認識をしているのに対し、過失は、認識できたが不注意により認識しなかった、という点で異なります。
過失であっても、民事上の不法行為が成立し、損害賠償責任が認められます。

ページ上部へ