メニュー

さ行

最低賃金【さいていちんぎん】

労働者としてもらう、最低額の賃金のことを言います。これに達しない額の労働契約を締結した場合には、その部分の契約は無効となり、最低賃金と同様の定めをしたものとみなされます。
最低賃金の額は、事業、職業又は地域別に、厚生労働大臣又は都道府県労働局長が、最低賃金審議会に諮問し、その意見を尊重して決定されます。

ページ上部へ