メニュー

か行

婚姻による成年擬制【こんいんによるせいねんぎせい】

未成年が婚姻をしたとき、成年(20歳)に達したものと見なすことを、成年擬制と言います。これによって行為能力を獲得し、父母の同意がなくとも法律行為を行うことが可能となります。
もっとも、全ての法関係において成年と擬制されるわけではなく、例えば選挙権が認められることはなく、また飲酒・喫煙は一般通り許されません。

ページ上部へ