メニュー

か行

故意【こい】

自己の行為から一定の結果が生じることを知りながら、あえてその行為をすることを、故意があると言います。犯罪においては、犯意ともいい、犯罪成立要件の一つとなっています。私法上は、過失とともに不法行為を成立させる、主観的要件となります。

ページ上部へ