メニュー

さ行

除斥期間【じょせききかん】

一定の期間が刑かすることで、権利が消滅するものを除斥期間と言います。
期間の経過によって当然に消滅の効力が生じるので、消滅時効とは異なり、当事者が権利消滅を援用する必要はありません。
具体例としては、離婚、縁組みの取消権に関する規定は除斥期間とされています。

ページ上部へ