メニュー

あ行

悪意の遺棄【あくいのいき】

悪意の遺棄とは、夫婦間の義務に不当に反することをいい、離婚原因となります(民法770条1項2号)。

民法752条において、夫婦間には、同居義務、協力義務、扶助義務が定められているので、これらの義務に不当に反することが、これにあたります。

具体的には、理由なく同居を拒否する、配偶者を虐待する、生活費を渡さないなどです。

 

関連問題:離婚問題

ページ上部へ