遺言の撤回【いごんのてっかい】

遺言の撤回とは,従前行った遺言の全部または一部を撤回することをいいます。

 

遺言者は,いつでも,遺言の全部または一部を自由に撤回することができます(民法1022条)。

遺言の撤回は,遺言作成したときと同様の方式に従って撤回するか,遺言の撤回があったとみなされる一定の行為を行うことにより,行うことができます。

具体的には,遺言者が,

・新たに遺言を作成し,以前の遺言を撤回する、またはその効力を否定する内容を記載する(同条)

・以前の遺言と内容的に抵触する遺言を作成する(民法1023条第1項)

・以前の遺言の内容と矛盾して,遺産の処分等を行う(民法1023条第2項)

・故意に,以前の遺言書を破棄する(民法1024条

) ・故意に,遺産(遺贈の目的物)を破棄する(同条)

ことで,遺言が全部または一部撤回されたことになります。

 

 

春日井駅前の弁護士・法律事務所,弁護士法人中部法律事務所春日井事務所では,遺言の撤回/遺言書の作成に関する質問・法律相談,無料相談,ご依頼も受付しています。

弁護士法人 中部法律事務所 春日井事務所

所在地
〒486-0825 愛知県春日井市中央通1丁目66 ヤマノマエビル3階
アクセス
春日井駅前徒歩0.5分 北口ロータリー前

電話でのお問い合わせは(0568)56-2122まで

受付時間
平日9時~18時
(時間外・土曜相談対応)

相談フォームにてご予約

無料相談申込フォーム