メニュー

あ行

遺産分割 【いさんぶんかつ】

被相続人が亡くなると、相続財産はいったん相続人全員の共有財産となります。共有状態にある相続財産を、各相続人に分ける手続きのことを遺産分割といいます。遺産分割の方法は、遺言書がある場合は、遺言書の内容に従って行い(指定分割)、遺言書が無い場合は、民法が定めるとおりに行う(法定分割)のが原則です。しかし、実際には遺産分割協議において相続人全員の合意があれば、指定分割・法定分割の方法による必要はなく、その合意に従って分割することが可能です(協議分割)。

 

関連用語:遺産分割協議

関連問題:相続問題

ページ上部へ