遺産分割調停【いさんぶんかつちょうてい】

遺産分割調停は、共同相続人だけでの話し合いでは遺産分割協議がまとまらない場合に、家庭裁判所の監督のもとで相続人全員の合意に向け話し合いを行う手続きのことです。
調停の申し立てがなされると、裁判所によって民間人から任命された家事調停委員2名と家事審判官1名が加わり(調停委員会)、相続人から事情や意見を聞き、様々な調停案の提案をしたり助言をしたりしながら相続人間の話し合いによる合意を目指します。
調停期日において、相続人間に合意が成立し、調停委員会がその合意内容を相当と認めて調停調書に記載した場合に、調停が成立します。この調停調書は確定判決と同じ効力を持ち、その内容に従った遺産分割が法的に強制されます。
一方、調停委員会が相続人間での合意成立の見込みが無いと判断した場合もしくは成立した合意が不相当だと判断して調停を打ち切る場合、調停が不成立となり、遺産分割審判手続きに移行します。

 

関連用語:遺産分割

関連問題:相続問題

弁護士法人 中部法律事務所 春日井事務所

所在地
〒486-0825 愛知県春日井市中央通1丁目66 ヤマノマエビル3階
アクセス
春日井駅前徒歩0.5分 北口ロータリー前

電話でのお問い合わせは(0568)56-2122まで

受付時間
平日9時~18時
(時間外・土曜相談対応)

相談フォームにてご予約

無料相談申込フォーム