メニュー

な行

名板貸し【ないたがし】

自己の氏名や商号を使用して、営業を行うことを他人に許諾することを、名板貸しと言います。
名板貸しを行った場合、貸し主を営業主であると誤信して取引を行った者は保護される必要があるため、当該取引から借り主に生じた債務を、貸し主は連帯して責任を負うこと、とされています。

ページ上部へ