メニュー

ら行

利息制限法【りそくせいげんほう】

金銭の貸し借りにおいて、一定の利率以上の利息をとることを禁止する法律のことです。
具体的には、元本が10万円未満の場合は年2割、10万円以上100万円未満は年1割8分、100万円以上の場合は年1割5分に、利率を制限し、これを超える部分を無効としています。

ページ上部へ