メニュー

た行

胎児の相続権【たいじのそうぞくけん】

民法上、相続においては、退治も既に生まれたものとみなされ、相続権が認められています(886条1項)。死産又は流産をしない限りは、胎児も法定相続人の一人として扱われます。

ページ上部へ