勾留を取消してもらうことはできませんか。保釈はできませんか。

勾留の裁判に対する不服申立手続があります。勾留の要件がないのに勾留の裁判をしたとして、裁判官の所属する裁判所に準抗告を申し立てるものです。準抗告の審理は迅速に行われ、例えば、午後に出た勾留決定が深夜には覆され、釈放されるというケースもあります。準抗告は検察官側からも申し立てることができ、逆に勾留請求が却下された判断が覆ってしまうこともあるため、注意が必要です。

勾留の要件が途中でなくなったと思われる場合は、勾留取消の請求をします。

また、家族の危篤などの重大な理由がある場合は、勾留の執行停止という一時的な解放を請求します。

被疑者段階では保釈の請求はできません。起訴されて被告人となった後に、請求できます。

弁護士法人 中部法律事務所 春日井事務所

所在地
〒486-0825 愛知県春日井市中央通1丁目66 ヤマノマエビル3階
アクセス
春日井駅前徒歩0.5分 北口ロータリー前

電話でのお問い合わせは(0568)56-2122まで

受付時間
平日9時~18時
(時間外・土曜相談対応)

相談フォームにてご予約

無料相談申込フォーム