メニュー

遺産分割

どのような贈与が特別受益となるのでしょうか。

次のような贈与が特別受益となるとされており、生前贈与の全てが特別受益になるわけではありません。
1.婚姻のための贈与・・・持参金、道具類、額によっては新婚旅行の費用、結納金など
2.養子縁組のための贈与・・・持参金、道具など
3.生計の資本としての贈与・・・家の購入、高等教育の学費など

ページ上部へ