メニュー

遺産分割

相続人の中に未成年者がいる場合、遺産分割協議はどのように行うのですか。

未成年者の法定代理人(親権者)が未成年者を代理して遺産分割協議に参加する必要があります。親権者も相続人である場合は、親権者は未成年者と利益相反関係にあるので、家庭裁判所に特別代理人の選任を求めることになります。

ページ上部へ