遺言書を修正したいのですが、どうしたらよいですか。

遺言の訂正は、民法の定める要件に従って行う必要があります。

民法第968条〈自筆証書遺言〉
1. 自筆証書によつて遺言をするには、遺言者が、その全文、日附及び氏名を自書し、これに印をおさなければならない。
2. 自筆証書中の加除その他の変更は、遺言者が、その場所を指示し、これを変更した旨を附記して特にこれに署名し、且つ、その変更の場所に印をおさなければ、その効力がない。

具体的には、訂正する個所を二本線で消し、その横に訂正後の文言を記入、訂正個所に印鑑を押し、欄外に「○行目、○字削除、○字加入」と記載・署名するという方法を取らなければいけません。この他にも、遺言書を新たに作成することによっても、遺言書の内容を変更することが可能です。

弁護士法人 中部法律事務所 春日井事務所

所在地
〒486-0825 愛知県春日井市中央通1丁目66 ヤマノマエビル3階
アクセス
春日井駅前徒歩0.5分 北口ロータリー前

電話でのお問い合わせは(0568)56-2122まで

受付時間
平日9時~18時
(時間外・土曜相談対応)

相談フォームにてご予約

無料相談申込フォーム