メニュー

相続問題

弁護士法人中部法律事務所の法律相談からご依頼までの手続きや弁護士費用等に関するよくあるご質問です。

カテゴリから探す

「相続問題」のよくあるご質問一覧

被相続人の死後、遺言が発見されました。開けてもよいですか。
日付の異なる遺言書が複数見つかった場合、どの遺言書が優先するのでしょうか。
遺言があったとしても、遺言と異なる内容の遺産分割をすることは可能ですか。
遺言書を修正したいのですが、どうしたらよいですか。
遺言の内容がある相続人の遺留分を侵害している場合は、その遺言は無効となるのですか。
遺言がない場合、必ず民法の法定相続分に従って遺産分割をしなければいけませんか。
亡くなった父が遺言書を残しており、その遺言書には、ある財産を私に遺贈すると記載されていました。しかし父は生前にその財産を処分していたようです。その場合、遺言はどのような効力を持つのでしょうか。
遺言者が死亡する前に受遺者が死亡していた場合、遺贈の効力はどうなるのですか。
父が書いたとされる遺言がありますが、どうも偽造されたもののようです。遺言が偽造されたとどのように主張していくべきでしょうか。
未成年でも遺言を作成することは可能ですか。
ページ上部へ