メニュー

た行

対抗要件【たいこうようけん】

対抗要件とは、権利の変動があったことを、他人に対して主張するための要件のことをいいます。
対抗要件は、特に二重譲渡の場合に問題となります。例えば、ある土地を所有しているAが、その土地をBにもCにも二重に売ってしまった場合などのことをいいます。この場合、Bは、Aから土地の所有権を得たとCに対して主張するために、対抗要件が必要となります。Cも、同様です。
対抗要件は、不動産の場合は、登記であり、動産の場合は、引き渡しです(民法177、178条)。

ページ上部へ