メニュー

た行

手付【てつけ】

売買契約や、請負契約などの締結の際に、一方から他方に、手付金として金銭の交付がなされることがあります。
手付金には、契約の締結を証明する機能(証約手付)、手付金分の金銭を相手に取得させることでいつでも契約の解除をすることの出来る機能(解約手付)、債務不履行の場合に没収可能な金額とする機能(違約手付)、の機能を付すことが出来ます。

ページ上部へ