メニュー

さ行

時季指定権【じきしていけん】

労働基準法、使用者は一定日数の年次有給休暇を、労働者の請求する時季に与えなければならないこととされており、この、労働者が有給休暇の時季を指定することのできる権利を、時季指定権と言います。
もっとも、その指定された時季が事業の正常な運営を妨げる場合には、使用者はこれを変更するように命じることが出来ます(時季変更権)。

ページ上部へ