メニュー

さ行

使用貸借の借主の地位【しようたいしゃくのかりぬしのちい】

使用貸借契約が存続している間に、貸主が死亡した場合、貸主としての地位は相続人に相続され、したがって相続人と借主の間で使用貸借契約が存続することとなります。一方、借主が死亡した場合には、使用貸借契約はその効力を失います。これは、使用貸借契約が無償であるのは、当事者の信頼関係を基礎としているためであり、そうであれば、借主が変更されれば信頼関係は消滅するため、契約を存続するべきではないと考えられるためです。

ページ上部へ