メニュー

さ行

自主占有・他主占有【じしゅせんゆう・たしゅせんゆう】

自主占有は、所有の意思を持って占有すること、他主占有は、所有の意思を持たずに占有すること、を指します。
時効によって所有権を取得するには自主占有であることが必要とされます(民法162条)。また、占有者が占有物を毀損した場合には、所有権者等に損害を賠償する必要がありますが、このとき他主占有であった者は善意占有者であっても全部の賠償責任を負うとされ(民法191条但し書き)、これらの規定に両者の違いが表れます。

ページ上部へ