使用貸借の借主の地位【しようたいしゃくのかりぬしのちい】

使用貸借契約が存続している間に、貸主が死亡した場合、貸主としての地位は相続人に相続され、したがって相続人と借主の間で使用貸借契約が存続することとなります。一方、借主が死亡した場合には、使用貸借契約はその効力を失います。これは、使用貸借契約が無償であるのは、当事者の信頼関係を基礎としているためであり、そうであれば、借主が変更されれば信頼関係は消滅するため、契約を存続するべきではないと考えられるためです。

弁護士法人 中部法律事務所 春日井事務所

所在地
〒486-0825 愛知県春日井市中央通1丁目66 ヤマノマエビル3階
アクセス
春日井駅前徒歩0.5分 北口ロータリー前

電話でのお問い合わせは(0568)56-2122まで

受付時間
平日9時~18時
(時間外・土曜相談対応)

相談フォームにてご予約

無料相談申込フォーム