メニュー

さ行

相殺【そうさい】

二人が互いに同種の債務を負担し、双方の債務が弁済期にあるときに、一方当事者の意思表示によって対当の額で債務が消滅することを、相殺と言います。例えば、AがBに対して200万円の債権を持っており、同時にBがAに対して100万円の債権を持っている場合、相殺により、100万円の範囲でAB両者の債権を消滅させることが可能です。

ページ上部へ