メニュー

は行

背信的悪意者【はいしんてきあくいしゃ】

判例上、確立された概念です。
不動産の物権変動においては、登記がなければ権利を第三者に主張することができません。ここでの第三者とは、物権変動の事実を知っている者(悪意者)も含まれます。しかし、悪意に加え、権利者を害することを意図しているような背信的悪意者は保護するに値しないとして、これに対しては、登記がなくとも権利を主張することができます。

ページ上部へ