メニュー

か行

クリーンハンズの原則【くりーんはんずのげんそく】

クリーンハンズの原則とは、裁判所は社会的に非難されるような行為を行った原告については手助けをしない、という考え方のことを言います。
当該原則は、民法708条の不法原因給付規定に表れており、「不法な原因のために給付をした者は、その給付したものの返還を請求することができない」としています。

ページ上部へ