既判力【きはんりょく】

民事訴訟法上、裁判が確定した効果として、同一の当事者間で同一の事項が後日別の訴訟で問題となったとしても、当事者は確定した裁判で示された判断に反する主張をすることが出来ず、また、裁判所もこれと抵触する裁判をすることができません(民事訴訟法114条)。このような拘束力のことを、既判力と言います。

弁護士法人 中部法律事務所 春日井事務所

所在地
〒486-0825 愛知県春日井市中央通1丁目66 ヤマノマエビル3階
アクセス
春日井駅前徒歩0.5分 北口ロータリー前

電話でのお問い合わせは(0568)56-2122まで

受付時間
平日9時~18時
(時間外・土曜相談対応)

相談フォームにてご予約

無料相談申込フォーム