メニュー

か行

器物損壊罪【きぶつそんかいざい】

器物損壊罪とは、財物を損壊し、また動物等を傷害(殺傷すること)する罪のことを言います(刑法261条)。
ここでの損壊とは、物を物理的に破壊することに限らず、その用法に従って使用することを事実上不可能にすること全てが当たります。
器物損壊罪の法定刑は、3年以下の懲役又は、30万円以下の罰金もしくは科料とされています。

ページ上部へ