裁判所に顕著な事実【さいばんしょにけんちょなじじつ】

証拠による認定がなされなくても、合理的判断であると客観的に認められているような事実のことを言います。公知の事実(歴史的事実、大災害等)と、職務上裁判官が知り得た事実があり、これら裁判所に顕著な事実は、立証の必要はありません。

弁護士法人 中部法律事務所 春日井事務所

所在地
〒486-0825 愛知県春日井市中央通1丁目66 ヤマノマエビル3階
アクセス
春日井駅前徒歩0.5分 北口ロータリー前

電話でのお問い合わせは(0568)56-2122まで

受付時間
平日9時~18時
(時間外・土曜相談対応)

相談フォームにてご予約

無料相談申込フォーム